肝臓の数値が気になる人に!※ 人気のサプリメントランキング

肝臓の数値が気になる人に!※ 人気のサプリメントランキング
肝臓の数値が気になる人に!※ 人気のサプリメントランキング

先に人気の牡蠣サプリを知りたい方は、「2. 肝臓サプリ人気ランキング」へ移動してください。

目次

2. 肝臓サプリ人気ランキング

1位

レバリズム-L

レバリズム-L
メーカーBella Pelle
価格5,980円(定期3,980円)
1日分約192円(約128円)
タイプソフトカプセル
内容量93粒 / 31日分(1日3粒)
HPhttp://liver-rhythm.jp/

1ヶ月分モニターキャンペーン中!

オルニチンをはじめ40種もの栄養素を含むシジミエキス、亜鉛やタウリンが豊富な牡蠣エキス、深海鮫の肝臓から抽出された鮫肝油の、肝臓に働きかける3大成分を凝縮。

3つの成分が乱れた食生活やお酒で低下した肝臓の機能を高め、毒素の解毒や、エネルギー生成、燃焼力をサポート。
30~40代で数値が高めの人にも人気です。

今なら1ヶ月分がモニター価格のキャンペーン中なので、成分の良さをじっくりお試しできます。

2位

肝パワーEプラス

肝パワーEプラス
メーカーステラ漢方
価格4,860円(定期4,374円)
1日分約324円(約291円)
タイプソフトカプセル
内容量15袋 / 15日分(1日3粒/1袋)
HPhttp://www.stella-s.com/

飲んだ人の約95%が効果を実感!

タウリンや亜鉛などをたっぷりと含む広島産牡蠣エキスにアミノ酸・クエン酸が豊富な南高梅エキス、にんにくを配合しています。

タウリンや亜鉛は低下しがちな肝機能を高め、脂っこい食事やお酒によるコレステロールや脂肪の蓄積にアプローチ。
これに加えて、アミノ酸やクエン酸などが代謝もサポートしてくれます。

飲んだ人の約95%が効果を実感している人気のサプリメントです。

3位

カゴメ スルフォラファン

カゴメ スルフォラファン
メーカーカゴメ
価格4,628円(定期4,062円)
1日分約149円(約131円)
タイプハードカプセル
内容量93粒 / 31日分(1日3粒)
HPhttp://shop.kagome.co.jp/

野菜のチカラで肝臓の解毒作用をサポート!

肝臓への働きが注目される発芽ブロッコリー由来の成分スルフォラファンに玉ねぎなど野菜の健康成分を配合。

スルフォラファンは健康な体に大切な肝臓の解毒作用を高めるのに役立つ成分です。
肝臓を助けることで、カロリーが高めな食事やアルコールの摂取によって高まる中性脂肪にアプローチしてくれます。

サラサラやコレステロール、代謝にも役立つビタミンなどの不足しがちな野菜の栄養素も補えるサプリメントです。

4位

ファンケル 牡蛎&ウコン たのもし

ファンケル 牡蛎&ウコン たのもし
メーカーファンケル
価格2,484円(定期2,235円)
1日分約82円(約74円)
タイプタブレット
内容量150粒 / 30日分(1日5粒)
HPhttp://www.fancl.co.jp/

肝臓に良いといわれる6つの成分を配合!

牡蛎肉エキスに、ウコン、ヨーロッパでは医療用として使われているマリアアザミなど、肝臓に良いといわれる6つの成分を配合。

豊富な成分がアルコールの分解や解毒・代謝などの肝臓の働きをサポートしてくれます。

ウコンにはおなじみの有効成分クルクミノイドだけでなく、肝臓への効果をさらに高めるL-システインも配合。

お酒が好きで飲むことが多い人や、翌日の残りが心配な人に人気です。

5位

ゼリア新薬 ヘパリーゼZ

ゼリア新薬 ヘパリーゼZ
メーカーゼリア新薬
価格6,480円(定期5,400円)
1日分約216円(約180円)
タイプタブレット
内容量30袋 / 30日分(1日3粒)
HPhttp://www.zeriaonline.com/

肝臓エキスで効率よくタンパク質を!

通販限定のゼリア新薬のへパリーゼZ。

豚由来の天然良質なレバーを細かく分解した肝臓エキスを配合し、タンパク質を効率的に取れます。

ウコンエキスやオルニチンといったお酒好きにはうれしい肝臓サポート成分もプラス。

3. 肝臓に良い成分

3-1. アラニン

体内で生成できる非必須アミノ酸であるアラニンは豚や牛のレバー、しじみなどの貝類にも多く含まれている成分です。

肝機能を高める働きがあるアラニンは特にアルコールなどの毒素の分解に役立ち、飲み過ぎなどで低下する肝臓の働きを助け、二日酔いや悪酔いの対策に役立ちます。

肝臓の機能を全般的に高めることから、脂肪肝などのリスクの低減にも役立つともいわれています。

また、アラニンは肝臓で生成されるエネルギー源であるグルコース(ブドウ糖)のもとにもなるため、疲労の対策にも役立つ成分です。

・アラニンが含まれる食品

蜆(しじみ)・あさり・カニ・海苔・豚や牛のレバー・鶏肉・かつおぶし

・アラニンに関係するキーワード

二日酔い・悪酔い・肝臓・疲労回復・脂肪肝・肝硬変

3-2. ウコン

インドではターメリックとしてスパイスにも使われるウコンは中国では漢方薬にも使われており、日本では古くから沖縄で民間薬として使用されてきた植物。

種類が豊富なウコンは日本では春ウコン・秋ウコン・紫ウコン・黒ウコンと4種類あり、最も一般的なウコンは秋ウコンで、ターメリックと呼ばれるのもこれにあたります。

主成分はクルクミノイドと呼ばれるポリフェノールの一種であるクルクミンと、精油成分のセスキテルペンです。

それぞれ肝臓が担っているエネルギー生成、代謝・アルコールなどの毒素の分解・胆汁の生成といった機能の強化に役立つとされています。

中でもクルクミンには毒素の解毒と胆汁の分泌を高めるチカラが強いとされ、二日酔いや悪酔い防止しといった働き、脂肪の消化・吸収に役立ちます。

ポリフェノールであるクルクミンは肝臓のエネルギー生成を促すだけでなく、高い抗酸化力もあることから疲れの根本になる活性酸素にも働きかけ、疲労対策にも役立つとされています。

・ウコンが含まれる食品

カレー・たくあん・ピクルス・ターメリック

・ウコンに関係するキーワード

肝機能改善・肝臓・二日酔い・悪酔い・脂肪肝・GOT・GPT

3-3. オルニチン

人の体にもともと存在しているアミノ酸であるオルニチン。

アミノ酸の多くがタンパク質の中に存在するものに対し、オルニチンは血液に溶け込んだ状態で体内を巡る働きがある遊離アミノ酸の一種です。

オルニチンは肝臓が担っているエネルギー産生を阻害し、疲労のもとになるといわれるアンモニアを分解する「オルニチンサイクル」という働きを高め、アンモニアの分解を促します。

アンモニアの分解が活発になり、エネルギー生成・代謝がスムーズに行われることで、アルコールなどの毒素の分解、胆汁の生成といった肝臓の持つ働きも高まります。

二日酔いや悪酔い、翌日の残りの対策から疲労の対策、コレステロールの低下などにアプローチしてくれます。

アンモニアは疲れた体から発散される疲労臭の根本となる成分でもあり、それを分解することから、オルニチンは運動や疲れなどによる汗や体臭などの対策にも働きます。

・オルニチンが含まれる食品

蜆(しじみ)・マグロ・チーズ・ヒラメ・パン

・オルニチンに関係するキーワード

二日酔い・悪酔い・疲労回復・アルコール性疲労・オルニチン回路・肝機能・脂肪肝

3-4. シスチン

シスチンとはイオウを含む含硫アミノ酸のひとつで、非必須アミノ酸に分類され、必須アミノ酸であるメチオニンから合成できる成分です。

同じアミノ酸のL-システインと名前が似ていますが、成分としては別で、働きはほぼ同じとされています。

成分としては別ですが、L-システインから変換されてシスチンになる、シスチンからL-システインに変換されるという相互作用があります。

アミノ酸の一種で、肝臓の機能強化に働くグルタチオンの構成成分で、肝臓が担っている代謝や解毒といった働きを助けてくれます。

シスチン自体にも体内で毒素であるアルコールなどの物質を解毒する作用があるとされています。

・シスチンが含まれる食品

ラム肉・牛肉・小麦・鮭(サケ)

・シスチンに関係するキーワード

アルコール性脂肪肝・肝機能障害・肝機能・肝臓・二日酔い・悪酔い

3-5. スルフォラファン

ブロッコリーやブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトに多く含まれているスルフォラファン。

アブラナ科の野菜に含まれている成分で、辛味やにおいのもととな成分です。

肝臓には代謝・胆汁の生成・解毒といった、ヒトが生きていく上で重要な働きを持っていますが、スルフォラファンはこうした働きを高めてくれます。

特にアルコールやアンモニアなどの肝機能を低下させる毒素を分解する分解酵素を活性化させる働きで肝機能をサポートしてくれます。

肝臓に負担をかける毒素であるアンモニアは食べ過ぎや、激しい運動、肉体疲労といった要因でも発生し、それらが増え過ぎると肝臓の働きを低下させてしまします。

スルフォラファンは毒素であるアンモニアの分解と肝機能を助け、お酒の翌日の疲れや日々の疲労の対策にも役立ちます。

特に発芽3日目の『ブロッコリースプラウト』は、成熟ブロッコリーの約20倍のスルフォラファンを含んでいることがわかっています。

・スルフォラファンが含まれる食品

ブロッコリースプラウト・ブロッコリー・カリフラワー・大根・ケール・カイワレ大根

・スルフォラファンに関係するキーワード

肝機能・脂肪肝・解毒作用・肝臓病・機能性ブロッコリー・肉体疲労・疲労回復

3-6. タウリン

含硫アミノ酸の一種でもあるタウリンは牡蠣などの貝類、イカ、タコをはじめ、魚の血合いの部分などの魚介類に多く含まれている成分。

体内で生成できるアミノ酸であり、人の体の中では筋肉や心臓の筋肉、目の網膜、脳などいたるところに存在していて、その50~80%は筋肉に存在しているといわれています。

肝臓にはエネルギー代謝、生成・解毒・胆汁の生成という3つの大きな働きがありますが、タウリンは肝機能を助けることで、その働きを高めてくれます。

体がだるい、重いといった疲れや疲労の対策から、コレステロールの低下、アルコールなどの毒素の分解に役立ちます。

特にアルコールの分解には、肝臓の働きを高めるだけでなく、アルコールの分解に必要な酵素の生成も促し、働きをサポートしてくれます。

・タウリンが含まれる食品

牡蠣・タコ・イカ・はまぐり・あさり・しじみ

・タウリンに関係するキーワード

疲労回復・滋養強壮・二日酔い・悪酔い・肝臓病・眼精疲労

3-7. ビタミンB12

ビタミンの中でも肝臓と深い関係にあるビタミンB群の一種であるビタミンB12。

体内では肝臓に貯蔵され、体内では腸内細菌によって作られる成分です。

食べ物では動物性食品のみに含まれ、例外として発酵食品である納豆や、もやしにも含まれています。

ビタミンB12は同じビタミンである葉酸とも関係が強く造血のビタミンともいわれています。

ビタミンB6やビタミンB1、ビタミンB1などの他のビタミンB群と協力して、体内の代謝をスムーズにし、糖質や脂質、タンパク質などをエネルギー源に作り変えるのに欠かせない役割があります。

・ビタミンB12が含まれる食品

レバーなどの肉類・カツオ・サンマ・海苔・すじこ・チーズ・もやし・納豆

・ビタミンB12に関係するキーワード

肝臓・肝機能・疲労回復・スタミナ・エネルギー生成

3-8. メチオニン

タンパク質を合成するアミノ酸の一種で、イオウを含んだ含硫アミノ酸でもあるメチオニンは食品から摂取しなければならない必須アミノ酸のひとつです。

メチオニンはアルコールや脂肪の摂り過ぎなどから肝機能を守る働きがあり、肝臓に入ってきた毒素や老廃物の排除・代謝を促進させ、肝臓が担っているコレステロールのコントロールを助けてくれます。

アルコールの過剰摂取によって大量に消費されやすく、不足すると肝機能が低下し、脂肪の蓄積やコレステロールの増加や、ドロドロなどの要因となります。

また、他のアミノ酸であるアルギニンやグリシンと共にエネルギー産生に必要なアミノ酸であるクレアチンの材料にもなる成分です。

年齢による体力の低下や体の衰えなどにも役立ちます。

・メチオニンが含まれる食品

鶏肉・牛肉・羊肉・マグロ・カツオ・牛乳・チーズ・卵・豆腐・ナッツ類・全粒粉麦

・メチオニンに関係するキーワード

脂肪肝・肝硬変・中性脂肪・コレステロール値・二日酔い・血圧・動脈硬化・l-メチオニン